先日シネプレックス水戸で「アニー」を観てきました。

以前はミュージカルは全く駄目で眼中になかった類なのですが、「レミゼラブル」「ジャージーボーイズ」とミュージカル系の名作を立て続けに鑑賞しまして、内容が良かったおかげか今では違和感がなくなりました。

ひたすらに前向きな主人公は、観る者に明るさと爽やかさを与えてくれました。

原作とは少々異なるキャスティングやアレンジだったようですが、話の内容も展開もよく飽きさせませんでした。


鑑賞後の気分はとても晴れやかでした。

これでやっと「ゴーンガール」の重しが和らいできました。
これでやっと重いものに耐えられそうな精神的なゆとりができたような気がします。

大好きなイーストウッドの重そうな「アメリカンスナイパー」も観に行けそうです。

井坂